Nurse

注目を集める

不妊治療を行う際、経済的負担を考える

不妊治療は近年、注目を集める言葉になってきました。少子化対策としても注目を浴びています。一般的に妊娠がうまくいかない時、女性は基礎体温を測り、排卵日に注意してセックスをしたりしますが、それでもなかなかうまく妊娠しない場合は、産婦人科病診に診察します。近年、男性、女性共に原因があることが知られ、夫婦で病院に行くようになりました。実際、本格的な不妊治療はお金がかかります。まず、初診検査では男性は5千円ぐらい、女性で1万2千円ぐらいで検査が行われます。問題があれば治療が始まります。まず、先ほど述べたように排卵日を調べタイミング良くセックスを行うタイミング用法があります。数千円ぐらいの診察ですみます。次に、人工授精という方法です。これは1回あたり1万5千円くらいです。次に体外受精です。1回あたり30万円くらいです。もう1つは顕微授精です。これが費用面でとても高く30万円から50万円くらいです。これは全て1回目で妊娠ができた場合の費用です。妊娠できなければさらに回数を増やしていかなければなりません。

最近の国や自治体の補助について

今日では、不妊治療の認知度が上がってきたせいか、少しではありますが、治療費が下がってきました。また、補助金出してくれる自治体も出てきました。また、国でも少子化対策として、特定不妊治療費用女性事業を行っています。不妊治療のなかの、体外受精と顕微授精を行った場合、1世帯の年収730万円未満の夫婦に対し、1回あたり15万円給付されます。ただし、給付は初年度は3回まで給付され、2年度以降は2回を上限として、通年5年、通算10回を上限など、その他の制限等があります。金額としては最大150万円の補助金がもらえると考えて下さい。ただし、指定医療機関での治療が対象であると言うことに注意して下さい。また、自治体で相談窓口を開設しています。このように少子化対策の一環として不妊治療に対し助成を行っているので是非活用して下さい。